米国株:上昇、小売売上高やバフェット氏の株買い発言で

米株式相場は上昇。米小売売上 高やニューヨーク連銀製造業景況指数が市場予想を上回る内容だった ことを好感した。資産家ウォーレン・バフェット氏が、自ら率いる投 資・保険会社が株式を買っていると表明したことも相場の支援材料に なった。

アルコア、キャタピラー、ゼネラル・エレクトリック(GE)は いずれも急伸。ダウ工業株30種平均の上昇をけん引した。米商務省 が発表した8月の米小売売上高やニューヨーク連銀が発表した9月の 同地区の製造業景況指数が買い手掛かりとなった。

ハイテクのヤフーやeベイはアナリストの買い推奨で値上がりし た。銅相場の反発を背景に、株式公開している産銅会社最大手のフリ ーポート・マクモラン・カッパー・アンド・ゴールドも買われた。

S&P500種株価指数は前日比0.3%高の1052.63。終値ベース でのほぼ1年ぶり高値を維持した。ダウ工業株30種平均は同56.61 ドル(0.6%)上昇の9683.41ドルで終了した。

シルバークレスト・アセット・マネジメント(ニューヨーク)で 80億ドルの資産運用に携わるスタンリー・ナビ氏は、「株式に対し おう盛な投資意欲がみられる」と指摘。「最新の経済指標によると、 ファンダメンタルズ(経済の基礎的諸条件)は強く企業業績が予想以 上に改善することを示している。株式市場から目立った資金引き揚げ は起こらないだろう」と述べた。

8月の小売売上高(速報値)が季節調整済みで前月比2.7%急増 し、過去3年間で最大の伸びとなった。政府の自動車買い替え奨励策 により自動車の売り上げが急増し、ブルームバーグ・ニュースがまと めたエコノミスト予想中央値の1.9%増も上回った。ニューヨーク連 銀の9月の製造業景況指数は、ほぼ2年ぶりの高水準となった。

バフェット氏の株買い

主要株価指数はバフェット氏の発言を受け上げ幅を拡大した。同 氏はカリフォルニア州での会議で、自ら率いる投資・保険会社バーク シャー・ハサウェイは「こうしている間にも株式を購入している」と して、株式投資で「多くの見返りを得ている」と述べた。

バーナンキ米連邦準備制度理事会(FRB)議長はこの日、米国 のリセッション(景気後退)は恐らく終了したが、この先の経済成長 は失業率の急低下につながるような力強いものではないだろうと述べ た。

バーナンキ議長はワシントンでのスピーチ後の質疑応答で、「テ クニカルな観点からみると、リセッション(景気後退)は今の時点で は恐らく終了しているだろうが、実感ではしばらくの間なお非常に弱 い景気が続くだろう」と述べた。

アルコアは8.1%、GEは4.2%、キャタピラーは6%と、軒並 み大幅上昇した。

アナリストの買い推奨

ヤフーは5.4%高。インターネット検索2位の同社の投資判断に ついて、サンフォード・C・バーンスティーンが「マーケットパフォ ーム」から「アウトパフォーム」に引き上げ、株価が「低過ぎる」と 指摘した。

eベイは1.3%値上がり。UBSがインターネット競売最大手の 同社の投資判断を「ニュートラル(中立)」から「買い」に引き上げ、 eベイのビジネスは「難局を脱しつつある」と述べた。UBSはさら にeベイの株価目標も引き上げ、従来の24ドルから28ドルに設定 した。

原材料株は2.3%高と、S&P500種の主要10業種で上昇率ト ップ。米小売売上高が予想を上回り景気回復の兆しが示されたことを 受け、銅相場が5日ぶりに反発したことが買い材料になった。フリ ーポート・マクモラン・カッパー・アンド・ゴールドは1%値上がり。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE