8月米PPI:前月比1.7%上昇、ガソリン高騰押し上げ

米労働省が15日に発表した8 月の生産者物価指数(PPI)全完成品は前月比1.7%上昇。伸び率 はブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノミスト予想中央値 (0.8%上昇)の2倍以上となった。ガソリン価格の上昇が背景。7 月は0.9%低下だった。

前年同月比では4.3%低下(前月は6.8%低下)した。

8月の食品とエネルギー価格を除いたコア指数は前月比0.2%上 昇(前月は0.1%低下)し、市場予想(0.1%上昇)よりも高い伸び を示した。一方、前年同月比では2.3%上昇(前月2.6%上昇)に伸 びが鈍化した。

項目別にみると、エネルギー価格が前月比8%上昇(前月は

2.4%低下)。なかでもガソリン価格が23%急伸した。食品価格は

0.4%上昇(前月は1.5%低下)した。

ハーマン・フォーキャスティングのジョン・ハーマン社長は「世 界的な景気回復がエネルギー価格の伸びを支えている」と述べた。

クリックしてご覧ください。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE