OPEC:09、10年の原油需要予想引き上げ、成長回復見込みで-月報

石油輸出国機構(OPEC)は 15日発表した月報で、世界経済が成長基調に戻るとの予測に基づき、 2009、10両年の世界の原油需要見通しを引き上げた。

世界全体の原油供給の約40%を担うOPECは、原油需要予想 を今年について日量14万バレル、来年は同15万バレル引き上げた。 この結果、今年は平均で日量8405万バレルと前年比で1.8%減少し、 来年は同0.6%増の8456万バレルとなると見込まれている。

OPECは月報で、「世界経済が今後、プラス成長に転じること を示す兆候が増えている」と指摘。その上で、原油価格はバレル当た り70ドル前後で「推移する公算が大きい」との見方を示した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE