英中銀副総裁:量的緩和の効果浸透に時間かかる-金利以上の遅効性も

イングランド銀行(英中央銀 行)のビーン副総裁は15日、資産購入によりマネーサプライ(通貨 供給量)を増やす量的緩和政策の効果が浸透し景気浮揚につながるの には時間がかかるとの考えを示した。

ビーン副総裁は英議会で、「結局のところ、量的緩和政策が機能 するのには時間がかかる。この点を強調したい」と語った。政策とし ての量的緩和の「遅効性は、金利政策と同じ、またはそれ以上だと思 われる」と指摘した。

政策効果が「波及する経路にはやや前向きな短期的兆候が見られ る」とし、「銀行はある時点で、余剰な準備資金を活用し始める公算 が大きい」と付け加えた。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: ロンドン 藤森英明 Hideharu Fujimori +44-20-7673-2178 hfujimori@bloomberg.net Editor: Akiyo Kinoshita 記事に関する記者への問い合わせ先: Svenja O’Donnell in London at +44-20-76732287 or sodonnell@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Reed Landberg at +44-20-7330-7862 or landberg@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE