UBSのオスペル前会長の退任はスイス銀行当局の強要-リポート

スイスの銀行大手UBSのマル セル・オスペル前会長は2008年3月に同国の銀行監督当局によって 退任を強要されたことが14日公表されたリポートで分かった。

金融危機に対するスイス当局の対応を分析したこのリポートによ ると、当局はUBSの160億スイス・フランの増資に関連してオス ペル氏に会長退任を迫った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE