中国株(午前):まちまち-エネルギー株上昇、金融株は安い

15日午前の中国株式市場で、上 海総合指数はほぼ変わらず。8月の対中直接投資が11カ月ぶりに増 加に転じたことを好感してエネルギー株が上昇する一方で、最近の上 昇は行き過ぎとの懸念から金融株は下げている。

中国4位の石炭会社の傘下にあるエン州煤炭(600188 CH)は 10%の値幅制限いっぱいに上昇。国内2位の電力会社の一部門、大 唐国際発電(601991 CH)は1.8%高。一方、国内保険大手の中国 人寿保険(601628 CH)と平安保険(601318 CH)は下げている。

上海証券取引所の人民元建てA株と外貨建てB株の双方に連動 している上海総合指数は現地時間午前11時半(日本時間午後零時半) 現在、前日比ほぼ変わらずの3025.73。上海、深セン両証取のA株 に連動しているCSI300指数は同0.1%高の3295.79。

中原証券のストラテジスト、リ・チュン氏は「景気や企業収益に 関する見通しがより明確となるまで、株式相場は当面、方向感に乏し い展開が続く」と予想している。

--Zhang Shidong. Editors: Richard Frost, Reinie Booysen

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 野崎 ひとみ Hitomi Nozaki +81-3-3201-3549 or hnozaki@bloomberg.net   Editor:Akiko Kobari 記事に関する記者への問い合わせ先: Zhang Shidong in Shanghai at +86-21-6104-7014 or szhang5@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Linus Chua at +65-6212-1530 or lchua@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE