英財務相:銀行は破たんに備えた計画提出を、法案作成へ-FT紙

英紙フィナンシャル・タイムズ(F T、オンライン版)は14日、ダーリング英財務相が銀行に対し、自行 の破たんに備えた計画提出を義務付ける法案の作成を表明したと報じ た。規制強化を具体化するための最新の取り組みだという。

FTによると、法案は、金融システムに打撃を与えることなく事 業を撤退できるよう一部の金融機関に業務の再構築を迫る内容となる 可能性がある。ロンドンでのこの日のダーリング財務相とのインタビ ューを引用して伝えた。同相は7月には、金融機関には「生前遺言」 の準備が必要となるだろうと述べていた。

同相は、いわゆる生前遺言の導入に関しては「英金融サービス機 構(FSA)が権限を持っている」が、政府として「その中身をより 明確にする必要があるか否かを検討している」と語った。

労働組合や野党議員が、金融業界は今回の危機を引き起こした高 リスクの商慣行を再開していると主張したことを受け、ブラウン政権 は金融機関に対し規制強化を受け入れるよう圧力を強めている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE