米財務省とシティ、政府保有株の売却で協議開始-関係者

米財務省と米金融大手シティグル ープは、シティ救済時に政府が取得した同行株34%の売却方法につい て協議を開始している。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。

財務省は、シティの資本増強のために最近実施した優先株から普 通株への転換を経て、現在約76億9000万株の普通株を保有している。 関係者の1人によると、同省は10月にもシティ株の売却を始める可能 性があり、向こう6-8カ月の間に保有株式を売却する考えという。

関係者によれば、計画はまだ固まらず、財務省は複数の選択肢を 検討している。シナリオの一つは、今後6-8カ月の間に一般投資家 に一定の規模で売却するというもの。毎日または毎週少しずつ売却す る方法、一括での売り出しも検討されているという。この関係者は協 議が非公開のため匿名を条件に述べた。

財務省のアンドルー・ウィリアムズ報道官と、シティの広報担当 スーザン・トムソン氏はともにコメントを控えた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE