【テクニカル分析】ユーロは1.4720ドルに上昇も-BNPパリバ

仏BNPパリバのテクニカル分 析によると、ユーロは下値支持線の1ユーロ=1.4500ドル付近か ら反発した後、2008年12月の高値1.4720ドルを目指す展開にな りそうだ。

テクニカル・アナリストのアンドルー・シャベリア氏(ニュー ヨーク在勤)は14日にブルームバーグにあてた電子メールで、「最 近の日中の下げ渋りからみて1.4500-1.4515ドルに強い下値支 持線が形成されつつある」と述べ、「これは、12月の高値水準にあ る大きな抵抗線に向けての一段の上昇を支えるだろう」と予想した。

ブルームバーグのデータによると、1.4500ドルと1.4515ド ルはそれぞれ、9月10日と14日の日中安値に相当する。

ユーロは日本時間午前10時37分現在、1.4623ドルと、前日 のニューヨーク市場の1.4618ドルから上昇。前日のニューヨーク 市場では一時1.4653ドルと、昨年12月18日以来の高値を付けた。

シャベリア氏はまた、ユーロの対ドル相場は週足チャートでも 「大幅な上昇を見せており、5月以降で最も力強い動きだ」と指摘 した。ユーロは先週1.9%上昇し、週間ベースで5月22日終了週 以来最大の値上がりを見せた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE