中国:8月の対中直接投資、前年比7%増-11カ月ぶり増加

中国商務省が15日発表した8月の 対中直接投資は前年同月比7%増の75億ドル(約6840億円)と、11 カ月ぶりの増加に転じた。持続的な景気回復を目指した政府の取り組 みを後押ししそうだ。7月は同35.7%減だった。

1-8月の投資額は前年同期比17.5%減となった。同省が北京で の記者会見で明らかにした。

ソシエテ・ジェネラルのアジア太平洋担当主任エコノミスト、グ レン・マグワイヤ氏(香港在勤)は、「企業景況感の正常化を示してい る」と指摘した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE