林経財相:日本経済はまだ楽観を許さない-2次補正の必要も

林芳正経済財政相は15日午前の閣 議後会見で、必要に応じて2009年度2次補正予算を編成する必要性に 触れた上で、日本経済はまだ楽観できない状況にあるとの認識を示し た。

仮に自民・公明政権が続いていた場合、2次補正予算が必要にな るかとの質問に対し、経財相は「『骨太の方針』をまとめた時に、果 断な対応をすると書いてあり、麻生総理も少し言及されていた」と述 べ、「必要があれば2次補正の可能性は常に持っておくべきだ」との考 えを示した。

さらに、経財相は「年末年始にかけて、『二番底』になる懸念が 市場関係者から出ている」と指摘。その上で、「補正でやっている効果 は、例えば公共事業などは今から出てくると思う。基金で積んだ事業 は複数年で出てくる」とする一方、「設備投資や雇用、経営者のマイン ドなどについては、楽観は許さない状況なので、常に臨機応変に運営 する必要があると思う」と語った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE