米メリル:ARS問題でテキサス州当局と和解-罰金1270万ドル

米銀バンク・オブ・アメリカ(B OA)傘下のメリルリンチが、入札方式証券(ARS)を市場の崩壊 を知りながらテキサス州の投資家に販売したとされる問題で、同州に 罰金1270万ドル(約11億5600万円)を支払うことで和解が成立した。

テキサス州証券監督当局のデニス・ボイト・クロフォード長官が ニュースリリースで明らかにした。メリルの広報担当ウィリアム・ホ ールディン氏によれば、今回の合意は2008年8月に成立したより規模 の大きな取り決めの最終合意となる。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE