民主:新人143人が政界デビュー-先輩議員が指南に大わらわ

鳩山由紀夫代表が率いる民主党政 権では衆院選挙で初当選した143人の新人が議員バッジを付ける。同 党の獲得議席308の半数近く、自民党の議席119を上回るもので、経 済関係を中心に懸案事項が山積する中、先輩議員が指南するなど党を 挙げての対応に追われている。

民主党では役員人事を決めた15日夕の両院議員総会に先立ち、 国家戦略担当相に就任する菅直人代表代行が新人ガイダンスで講演、 「国民から選ばれた皆さん方が内閣全体に責任を持つというのは1 年生議員でも10年生議員でも同じだ」とくぎを刺した。その上で、 事務次官会議の廃止などに言及しながら、政治家主導の政治を目指す 同党の基本方針を説明した。

財務相の最有力候補と報じられている藤井裕久最高顧問は、9月 3日のインタビューで、「若い人は全然国会を知らない人だから、そ ういうことの教育係りみたいなことはやらないといけないと思って いる」と新政権での自身の役割について語った。国会運営に加え、2 大政党制につながった戦後政治の動きや子ども手当などの政策決定 の背景などが教育の対象になるという。

テンプル大学(東京)のジェフ・キングストン教授(政治学)は、 「鳩山氏は、間違いなくグリーン(未熟)なチームを持つことになる。 彼らの統治能力については大きな疑問符が付く」と述べた。

新人議員のうち最年少は27歳の松岡広隆氏(比例近畿)。党のウ ェブサイトによると前歴は「会社員」。次に若いのは28歳の弁護士、 横粂(よこくめ)勝仁氏(神奈川11区、比例南関東)。

反面教師

横粂氏は、新人議員が多く経験不足との批判に対し「何もせずに 4年を過ごした小泉チルドレンを反面教師にできる。1人1人が明確 なビジョンを持って行動すべきことを1つ1つやっていくことだ」と 反論。マニフェスト(政権公約)の実現に加え、インターネット更新 ができないとか供託金が高すぎるなどの問題のある公職選挙法の改 正など、議員立法を推進するとの決意も語った。

フリージャーナリストの上杉隆氏は9月2日の取材で、「議員の 個人的な政策能力を見ると民主党のほうが高い。民主党はこれまで長 い間、冷や飯を食いながら頭を使ってきたので、自民党のひ弱な政治 家より断然強さがある」と分析した。

実際、民主党の新人議員は、政治には素人でも、金融などで経験 豊富な人材が多い。当選者の中には、メリルリンチ日本証券の元取締 役副会長、網屋信介氏(51)やドイツ証券、スイスのUBS証券、メ リルチンチでの経歴を持つ木内孝胤(たかたね)氏(43)が含まれて いる。

--取材協力 Takashi Hirokawa,Editor:Hitoshi Sugimoto, Takeshi Awaji

参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: 東京 坂巻幸子 Sachiko Sakamaki +81-3-3201-7298 ssakamaki1@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保 義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 okubo1@bloomberg.net 東京 Bill Austin +81-3-3201-8952 billaustin@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE