大銀行ほど安定性低い、金融危機が示す-英中銀のホールデン氏

イングランド銀行(英中央 銀行)のアンドルー・ホールデン氏(金融安定化担当)は14 日、大銀行は中小の銀行よりも安定性が低いことを今回の危機は 示したと述べ、金融機関のビジネスモデルを改革して金融システ ムの回復力を高めるよう呼び掛けた。

ホールデン氏はイングランドのリーズで講演し、「大銀行は どちらかと言えば中小の銀行に比べて安定性が低く、平均して比 較的大規模な支援を必要としたことが分かった」と指摘した。

ノーベル経済学賞受賞のジョゼフ・スティグリッツ氏は今 週、一部の銀行がここに来てさらに巨大化したのは、金融システ ムの諸問題が「2007年当時よりも悪くなっている」証拠だとの 見方を示した。

ホールデン氏は「信頼喪失は、信用収縮が始まって以来世界 に広がった壊滅的影響の根本的原因だった」とし、「これはま た、信用市場と実体経済の回復の道のりが長く曲折したものにな りかねない理由でもある」と分析した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE