ガイトナー米財務長官:米金融システムには抜本的な改革が必要

ガイトナー米財務長官は14日、 市場の監督を「根本的に」改める必要があるとの認識を示すととも に、金融規制改革法案の年内の議会通過に自信を表明した。

同長官はケイティー・クーリック氏がアンカーを務める「CB Sイブニング・ニュース」に出演し、「議会は年内に動くだろう」と 述べた。

インタビュー原稿によると、ガイトナー長官は、「金融システム を根本的に変えるつもりだ。その必要がある」と指摘。「米国をこれ ほどの打撃を受け得る状況に再び陥らせるわけにはいかないからだ。 そのためには包括的な改革が必要となろう」と説明した。

さらに、米財政赤字は「持続不可能」な水準で、「将来的に経済 をより強固にするなら、縮小しなくてはならない」との見解を示し た。全面的な増税が不可避かどうかとの質問に対しては、「そうは思 わない」と答えた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE