米ゴールドマン:シカゴ小麦・トウモロコシの相場予想を下方修正

米ゴールドマン・サックス・グ ループは、米国の小麦とトウモロコシ相場の向こう1年間の見通しを 引き下げた。推定在庫の増加を理由として挙げている。

ゴールドマンのアナリストらは13日付の調査リポートで、シカ ゴの小麦先物相場が向こう1年間に1ブッシェル当たり5.50ドルに 上昇すると予想、先週時点の見通しである6.25ドルから12%下方修 正した。トウモロコシ先物相場は同4.50ドルに上昇するとの見方を 示し、従来予想の5.25ドルから14%引き下げた。

アナリストらは「米国産穀物の作況が引き続き改善しているた め、農産物商品のリターン(投資収益率)は過去1カ月間に低下し た」と指摘。小麦については「主要生産国の生産高見通しが引き上げ られているため、さらに軟調となっている」との見方を示した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE