円高は持続せず、日本は「デフレ・スパイラル」に直面-HSBC

欧州最大の銀行、英HSBCホ ールディングスによると、円相場は7月初め以降に対ドルで5.8%上 昇しているが、日本が「デフレ・スパイラル」に直面しているため、 円は対ドルで下落する可能性がある。

HSBCによると、日本の消費者物価指数は変動の激しい食品 を除いたベースで前年同期比2%低下しており、2001-02年よりも 大幅な低下となっている。

デービッド・ブルーム氏ら同社アナリストらは14日付のリポー トで、「日本が直面するデフレリスクは深刻であり、新政権が円高を さらに促すなら極めて驚きだ」と指摘。「この環境では、最近の円の 上昇の一部またはすべてが今後数週間で帳消しになると予想される」 とした。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE