米GMのルッツ副会長:自動車危機は「底入れ」、政府に融資返済へ

米自動車メーカー最大手ゼネラル・ モーターズ(GM)のボブ・ルッツ副会長は14日、米自動車販売の 低迷について、最悪期は過ぎたと述べ、景気回復に伴って連邦政府か らの約500億ドルの融資を返済していく見通しを示した。

ルッツ副会長はブルームバーグテレビジョンのインタビューに応 じ、自動車業界の危機は「終わってはいないが、底入れしたと思う」 と述べ、「何らかの景気回復が見られた際の当社の目標は利益を出して 米政府に返済することだ」と語った。

同副会長はさらに、世界経済は徐々に改善しているようであり、 新たな「大惨事」が生じない限り、GMは政府に返済できるだろうと 予想。信用状況は「多少」回復しており、高級車ブランド「キャデラ ック」でリースを再開していることを明らかにした。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE