NY金:下落、ロング積み上がりで手仕舞い懸念-ドル上昇も売り材料

【記者:Nicholas Larkin and Halia Pavliva】

9月14日(ブルームバーグ):ニューヨーク金先物相場は下落。 先週に過去最高の水準に積み上がったロング(買い持ち)ポジション の解消が始まるとの懸念が高まった。ドルの上昇も金の売り材料だっ た。

米商品先物取引委員会(CFTC)のデータによると、9月8日 に終了した週のニューヨーク金先物のロングからショート(売り持 ち)ポジションを差し引いたネットロングは22万4676枚と、前週比 22%増加した。ドルはこの日、主要6通貨バスケットに対して最大

0.6%上昇した。

ヘレウス・プレシャス・メタルズ・マネジメントのセールス担当 バイスプレジデント、ミゲル・ペレスサンタラ氏(ニューヨーク在 勤)は「COMEX金先物のネットロングが極めて高水準に積み上が っており、ロングポジションの解消が始まるとの話題で市場は持ちき りだ」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物 12月限は前営業日比5.30ドル(0.5%)安の1オンス=1001.10ド ルで取引を終了した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE