欧州株:8営業日ぶり反落、株価上昇ペースを懸念-BHP安い

欧州株式相場は下落。ダウ欧州 600指数は8日ぶりに下落した。過去6カ月間の株価は、企業の業 績見通しや経済成長見通しよりも速いペースで上昇しているとの懸 念が強まった。

仏ソシエテ・ジェネラルやドイツ銀行は野村インターナショナ ルによる投資判断の引き下げを手掛かりに下落。鉱山大手の英豪系 BHPビリトンは非鉄金属相場の下落を背景に売られた。

ドイツのハイデルベルグセメント、建材メーカーのビナバーガ ーは大幅安。株式の新規発行で増資することを明らかにしたのが嫌 気された。

ダウ欧州600指数は前日比0.3%安の240.93。同指数は3月9 日以降では53%上げている。ブルームバーグのデータによれば、同 指数構成銘柄の株価収益率(PER)は前週末時点で46.8倍と、 約6年ぶり高水準となった。

バークレイズ・ウエルスの調査・投資戦略部門の責任者、マイ ケル・ディックス氏(ロンドン在勤)は「世界経済はまだ不安定要 素が多い。やるべきことはまだたくさんある。株価は適正水準に戻りつ つあるが、経済が好転しないと株式相場も改善しない」と述べた。

ノーベル経済学賞受賞の経済学者、米コロンビア大学のジョゼ フ・スティグリッツ教授は13日、信用危機の発生と米リーマン・ブラ ザーズ・ホールディングスの破たん後も、米国は自国の金融システムの 根本的な問題解決を怠ってきていると指摘した。

EUの行政執行機関である欧州委員会は14日、最新の景気予測 を発表した。それによると、7-9月はプラス0.2%成長、10-12 月はプラス0.1%成長と予想されている。

ソシエテは2.4%安、ドイツ銀は0.9%の値下がりだった。

BHPビリトンは1%安。ロンドン金属取引所(LME)のニ ッケル、亜鉛はいずれも下落した。

原題:European Stocks Retreat, Snapping Seven-Day

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE