デュークFRB理事:時価会計の使用拡大義務付け、融資意欲を削ぐ

デューク米連邦準備制度理事会 (FRB)理事は14日、一部の銀行が金融危機を悪化させると警告し ている時価会計の使用拡大を義務づければ、銀行融資が縮小する可能性 があると指摘した。

同理事はワシントンで開かれた会計士の会議で講演し、「時価会計 を使用すれば、市場で信用力の評価が容易でない小規模な企業への融資 意欲が削がれる」ケースも出てくると述べた。

米財務会計基準審議会(FASB)は時価会計の適用をローンに拡 大することを提案している。そうなると、銀行の損失計上を加速させ、 業績や純資産の悪化につながる可能性がある。100カ国以上に指針を 提供している国際会計基準審議会(IASB)の提案とともに、FAS Bは会計原則の変更に乗り出している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE