新型インフルエンザ:健康な若年層の命奪う恐れも-原因究明急ぐ

豚インフルエンザ(新型インフル エンザ)に感染したニュージーランド人のブレント・ロブさん(34) は、彼の救命に医者が試みた最終措置が原因で意識不明の状態に陥り、 11日間も生死の境をさまよった。ロブさんに病歴はない。

運動のため1週間に12マイル(約19.3キロメートル)を自転車 で走る印刷工のロブさんは病気中に2カ月間休職し、体重は6分の1 減少した。なんとか生き延びたロブさんは、急速に広がったパンデミ ック(世界的大流行)の不可解な現象の実例だ。豚インフルエンザは 4カ月間で177カ国・地域に広がったが、わずかな例外を除き大半は 発熱や咳の症状にとどまる。

季節性インフルエンザは主に体の弱い高齢者の命を奪う。1918年 に大流行したスペイン風邪同様、豚インフルエンザ(H1N1型)が なぜ健康な若年層を死に至らし得るのか、研究者は原因究明に取り組 んでいる。その原因は遺伝子の問題なのか、あるいは感染した人がく しゃみしたそばで、単に深く息を吸い込んだだけなのか。

世界保健機関(WHO)の豚インフルエンザ対策担当、進藤奈邦 子医務官は「それこそわれわれが解明すべき問題だ」と語った。WH Oのチャン事務局長によれば、世界で発生した重篤なケースのうち、 約25-50%は若年層や中年層がかかわっている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE