丹呉財務次官:新政権の方針に基づいて対応する-事務次官会議廃止

丹呉泰健事務次官は14日午後の定 例会見で、民主党への政権交代に伴う事務次官会議の廃止について「新 政権が示された方針に基づいて対応する」と述べ、容認する考えを示 した。同党は同会議の廃止に併せて各省庁の事務次官による定例会見 も廃止する考えを示しており、この日の会見が最後となる。

同日午後の事務次官会議では、漆間巌官房副長官が新政権の方針 によって同会議が取りやめになるだろうと話したという。

丹呉財務次官は「これまで閣議が円滑に進むように事務次官会議 で調整してきた。そういった各省間の調整は必要となる。会議が取り やめになったとしても各省としては閣議に諮る案件については事前に よく調整することを心掛けなければならない」と語った。

民主党は政治主導をアピールするため、当初から事務次官会議を 廃止する方針を示していた。同党の岡田克也幹事長は11日の記者会見 で、各省庁の事務次官会見について「事務次官と閣僚は同じことを言 うはず。閣僚がきちんと会見すれば十分だ」とした上で、「事務次官会 議がなくなるので、次官会見は必要ない」と述べていた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE