英WPPのCEO:景気回復の「新芽は少しも見られず」-WSJ紙

米紙ウォールストリート・ジャ ーナル(WSJ、オンライン版)は14日、売上高で世界最大の広告 会社、英WPPのマーティン・ソレル最高経営責任者(CEO)が、 景気回復の新芽は少しも見られないと発言したと報じた。

同紙によれば、ソレルCEOは中国東北部の大連市で3日間にわ たり開催された世界経済フォーラム(WEF)でのインタビューで、 WPPの顧客企業は財務面で大幅な損失が続き、経済成長に慎重な見 方を示しており、世界経済に対する信頼感を回復するまで投資を控え る方針だと語った。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 関根裕之 Hiroyuki Sekine +81-3-3201-7850 hsekine@bloomberg.net Editor:Akiko Kobari 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Chris Peterson at +44-20-7330-7547 or cpeterson@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE