ビンラディン容疑者の「肉声」:米同時テロの動機は不当行為-AFP

AFP通信は14日、国際テロ 組織アルカイダの指導者ウサマ・ビンラディン容疑者が、本人の肉 声を録音したとされる音声メッセージで、米国のイスラエル支援な どの不当行為が2001年9月11日の同時多発テロの動機になったと 述べたと報じた。

AFPによると、同容疑者の「米国民へのメッセージ」と題し た声明は、イラクとアフガニスタンにおける戦闘について、ホワイ トハウスでの親イスラエルのロビー活動や企業の利権によって動か されたものであり、イスラム系過激派の制圧を目的としたものでは ないと指摘した。

過激派のウェブサイトを監視している米情報機関インテルセン ターによると、アルカイダのメディア部門が公開したこの映像テー プには、音声の声明とビンラディン容疑者の静止画像が含まれてい るという。インターセンターへのブルームバーグの電話取材に対す る応答はなかった。

ビンラディン容疑者の肉声とされるメッセージの公開は、カタ ールの衛星テレビ、アルジャジーラが6月に報じたものが最後だっ た。アルカイダは例年、同容疑者のものとされる声明を同時テロが 起きた9月11日前後に公開している。

-- Editors: Aaron Sheldrick, Ben Richardson.

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 柴田 広基 Hiroki Shibata +81-3-3201-8867 hshibata@bloomberg.net Editor: Kanta Watanabe 記事に関する記者への問い合わせ先: Paul Tighe in Sydney at +61-2-9777-8626 or ptighe@bloomberg.net. 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Paul Tighe at +61-2-9777-8626 or ptighe@bloomberg.net.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE