日本除くMSCIアジア指数:向こう1年で18%上昇も-ドイツ銀行

ドイツ銀行によれば、日本を除 くアジア株は今後2四半期の間、「スイートスポット」に入った状態 が続き、MSCIアジア(日本除く)指数は向こう1年で18%上昇 する可能性がある。

ドイツ銀のアナリスト、ニクラス・オラウソン氏はリポートで、 景気回復や高水準の現金、「緩和的な」政策、ドル安などを追い風に、 同指数が向こう1年で522へ上昇すると予想した。これは14日現 在に比べ18%高い水準。

韓国と台湾、シンガポール、タイ市場の投資判断を引き上げる 一方、中国とフィリピンは引き下げた、と同氏は付け加えた。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 関根裕之 Hiroyuki Sekine +81-3-3201-7850 hsekine@bloomberg.net Editor: Kanta Watanabe 記事に関する記者への問い合わせ先: Shiyin Chen in Singapore at +65-6212-1170 or schen37@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Linus Chua at +65-6212-1530 or lchua@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE