元ソニー出井氏:「金が流れるよう」民主党に要請-日本は「うつ」

前ソニー会長で現在はグローバル企 業の育成支援やコンサルティング事業を手掛けるクオンタムリープ(東 京都千代田区)の出井伸之代表取締役は14日、都内の講演会で民主党 新政権に対して「お金が流れるようにしてほしい」と要請した。主な発 言は以下の通り。

「お金の流れ、銀行から企業への資金の流れがストップしている。 大企業が投資しようと思っても、社債は出せない、株は安い、銀行もな かなかお金を貸してくれない。民主党に一番お願いしたいのはお金が流 れるようにしていただきたい」

「河合隼雄文化庁長官(当時、故人)が、ソニーに講演にいらした 時の話だが、あらゆる成功をおさめた人間、バッハやシューベルト、シ ョパンなどもそうだが、成功するといったんうつになるという。クリエ イティブ・ディプレッションというそうだが、ソニーみたいな企業もク リエイティブな人が多いので、そういう人が出たら大変だとおっしゃっ ていた」

「まさに日本も80年代の成功を忘れられない老人のよう。ディプ レッションに陥っている。唯一の解決策は世代交代だと思う。新しい人 たちが頑張っていかないといけない。新しい経営成功体験が必要。80 年代の成功体験、過去を忘れないといけない、企業も国も」

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE