アジア株:MSCI指数、1年ぶり高値から下落-ドル安などが響く

14日午前のアジア株式相場は 下落。米ドル安に加え、ニュージーランドの7月の小売売上高が予 想に反して減少したことなどから、MSCIアジア太平洋指数は先 週付けた1年ぶりの高値水準から下げている。

東京市場ではホンダが安い。北米が売上高全体の47%を占める 同社は、円高で海外売り上げが目減りするとの懸念で売られた。ニ ュージーランドの家電メーカー、フィッシャー・アンド・パイケル・ アプライアンシズ・ホールディングスは1.3%安。ニュージーラン ドの7月の小売売上高が前月比0.5%減少したことが響いた。オー ストラリア3位の石油・天然ガス生産会社、サントスは、商品相場 安が売り材料となり、3%下げた。

MSCIアジア太平洋指数は、日本時間午前11時6分現在、 前週末比1.6%安の115.93。先週末は、2008年9月9日以来の高 値で取引を終了した。各国政府の景気刺激策によって世界経済はリ セッション(景気後退)から脱却しつつあるとの観測から、同指数 は3月9日に付けた約5年ぶりの安値から64%上昇している。日経 平均株価の午前終値は前週末比257円70銭(2.5%)安の1万186 円63銭。

-- With assistance from Masaki Kondo and Toshiro Hasegawa in Tokyo. Editors: Darren Boey, Nick Gentle

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 若林 有紀 Yuki Wakabayashi +81-3-3201-2263 ywakabayash1@bloomberg.net Editor: Kanta Watanabe 記事に関する記者への問い合わせ先: Shani Raja in Sydney at +61-2-9777-8652 or sraja4@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Darren Boey at +852-2977-6646 or dboey@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE