世界の取引所での商品デリバティブ取引、4-6月5.4%増-BIS

国際決済銀行(BIS)によると、 世界の取引所での商品デリバティブ(金融派生商品)の取引高が4- 6月(第2四半期)に前期比で5.4%増加した。農産品や工業用金属 が売買の伸びを主導した。

BISが13日、ウェブサイトで発表した四季報によると、商品先 物・オプションの取引高は4億4600万枚と、1-3月(第1四半期) の4億2300万枚から増加し、2008年10-12月(第4四半期)以来の 高水準となった。エネルギー関連デリバティブの取引高は減少した。

商品26銘柄で構成するUBSブルームバーグCMCI指数の4 -6月のリターン(投資収益率)は17%。ニッケルが56%高騰したほ か、ガソリン相場の上昇が全体をけん引した。

4-6月の米国の取引所での商品先物の取引高は前期比6.1%増 の1億4050万枚と、08年4-6月以来の高水準となった。その他の 地域の取引所は5.8%増の2億7350万枚だった。

商品オプションの取引高は3210万枚と、前期の3200万枚から増 えた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE