アイスランド政府、破たんしたグリトニル銀行の決議委員会と合意

アイスランド政府は13日、多額 の負債を抱えて11カ月前に破たんした同国のグリトニル銀行の決議 委員会と合意したと発表した。

アイスランド財務省が電子メールで配布した発表文によると、政 府と同委員会は、グリトニル銀行の1部門で政府傘下にあるイスラン ズバンキへの資金供給とグリトニル銀行の債権者に対する補償で合 意した。

発表文によると、政府はこれまでに国債発行を通じてイスランズ バンキに650億クローナ(約470億円)の資本注入を実施。Tie r1(中核的自己資本)比率は12%となっている。

財務省は発表文で今回の合意について、「イスランズバンキが将 来の発展や事業について、しっかりした金融基盤を確保するものだ」 と説明した。

発表文によると、グリトニル銀行はイスランズバンキを買収する 機会が得られることになる。買収する場合、政府はグリトニル銀行に Tier2(補完的自己資本)250億クローナを提供し、株式5%を 保有する。グリトニル銀行は月内に決断する必要がある。

同行が買収を拒否した場合、政府はイスランズバンキの公的管理 を継続する。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE