英キャドバリー会長:米クラフトの買収提案「低成長で魅力ない」

製菓世界2位の英キャドバリー は、世界2位の食品会社、米クラフト・フーズから提示された買収提 案について、クラフトのビジネスモデルや今後同社の「低い伸び」が 予想されることを理由に「魅力がない」と指摘した。

キャドバリーのロジャー・カー会長は、クラフトのアイリーン・ ローゼンフェルド会長兼最高経営責任者(CEO)あての12日付書 簡で、現金と株式で総額96億ポンド(11日終値ベース、約1兆 4500億円)に上るクラフトの買収提案について、「基本的に独立企 業としてのキャドバリーの現行価値を反映していない」と述べた。同 書簡は同社ウェブサイトに12日掲載された。

カー会長は同書簡で、「クラフトの提案に従った場合、当社は、 クラフトの低成長と複合的なビジネスモデルにのみ込まれてしまうだ ろう。クラフト案は製菓専業の当社戦略とは対照的で、魅力がない」 と説明。クラフトは「複合的な事業の焦点が絞れておらず、過去は比 較的低い成長にとどまっている」と分析した。

クラフトの広報ディレクター、リサ・ギボンズ氏は同書簡に対す るコメントを控えた。また同社が書簡を受け取ったことも確認しなか った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE