最も読まれた日本語記事(前週)-首位「三井住友、大和証合併解消」

前週(9月6日-12日)に最も 読まれたブルームバーグ・ニュースの日本語記事上位10本は次の通り。 {JREAD}画面に基づき13日夕時点で集計(番号をクリックすると記事 が表示されます)。

1.三井住友FGと大和証Gが合弁解消で合意-別々に収益強化 2.【経済コラム】「美女軍団」が日本の男社会を揺さぶる 3.日本株は金融や輸出中心に反落、政策やドル不透明感-期末売り 4.見過ごされたリーマン破たん前の不気味な予告-業界守りで精一杯 5.働きマン日本に休暇を、シルバーWは低迷する余暇市場の清涼剤 6.ゴールドマンなど投資銀、規制の影響で利益大幅減-JPモルガン 7.日本株反発、銀行中心33業種すべて上げ-世界的株高、先物主導 8.日本株終盤じり高で続伸、電機や不動産高い-閑散下で環境株人気 9.NRI:CB500億円発行中止、特殊条項で野村証の主幹事不可 10.リーマン余波:瞬く間に地球半周-個人投資家泣き、プロ自殺も

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE