米シカゴ連銀総裁:インフレの抑制が1970年代と異なる点-講演

【記者:Steve Matthews】

9月11日(ブルームバーグ):米シカゴ連銀のエバンス総裁は11 日、米国のインフレやインフレ期待は現在「抑制」されており、これ が1970年代の景気低迷期の状況とは異なる点だと指摘した。

同総裁はシカゴ連銀での講演で「現在と1970年代半ばの状況に は幾つかの類似点もある」とした上で、「われわれは厳しいリセッシ ョン(景気後退)からおずおずと立ち上がりつつあるが、失業率は依 然として高い。しかしありがたいことに、インフレとインフレ期待は 抑制されている」と語った。講演内容は同連銀のウェブサイトに掲載 された。

同総裁の発言は、10日のコーン連邦準備制度理事会(FRB) 副議長の講演内容と一致する。コーン副議長は、低インフレと世界経 済の弱さを理由に、短期金利が急上昇する公算は小さいと述べていた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE