NY外為(11日):ドル指数6日続落-ドル・キャリー継続

ニューヨーク外国為替市場ではド ル指数が6日続落。3月以来で最長の下落局面となった。米消費者マ インド指数の上昇を受け、ドルを売って高金利通貨を買う動きが続い た。

8月の英生産者物価指数の上昇を背景に、ポンドは対ドルで1カ 月ぶり高値をつけた。円は大部分の主要通貨に対して上昇。中国の景 気回復でアジアの近隣諸国の成長が加速するとの観測と、日本の輸出 業者が海外利益を本国に戻すとの思惑が円買いを誘った。

ロイヤル・バンク・オブ・スコットランド・グループ(RBS) のシニア為替ストラテジスト、ポール・ロブソン氏は「経済データは 比較的良好で、弱気派が劣勢に回っている。当局は緩和的な金融政策 を当面続ける意向を示している。それがリスク許容を高め、ドルが資 金調達通貨として使用されている」と述べた。

ニューヨーク時間午後4時29分現在、主要6通貨に対するインタ ーコンチネンタル取引所(ICE)のドル指数は0.2%低下の

76.683。週間ベースでは1.9%下落と5月以来で最大の下げ。この日 は一時、2008年9月25日以来の低水準となる76.457まで下げた。

ドルは対ユーロで1ユーロ=1.4596ドル(前日は1.4582ド ル)。一時は1.4634ドルと、昨年12月18日以来の安値をつけた。 ドルは円に対して1.4%下落し、1ドル=90円47銭。一時は2月12 日以来の円高・ドル安水準となる90円21銭をつけた。円は対ユーロ で1.3%上昇し、1ユーロ=132円8銭(同133円76銭)。

ドルは午前10時ごろ、対ユーロで下げ渋った。首都ワシントンD Cを流れるポトマック川で沿岸警備隊を巻き込んだ事件が発生したと CNNテレビが伝えると、2001年の対米同時テロの8周年にあたるこ ともあり、安全を求めてドル買いが入った。沿岸警備隊は訓練を実施 していると発表した。

ウェルズ・ファーゴの通貨戦略責任者、ニック・ベネンブローク 氏はドル買いについて「とにかく今行動して、考えるのは後にした方 が賢明というケースだった」と説明した。

ドル弱気

対ユーロでのドルは週間で2%下落し、5月以来の大幅安。対円 では2.7%安となり、昨年12月以来で最長の5週連続の下げとなった。 円は対ユーロでは0.5%高。

9月のロイター・ミシガン大学消費者マインド指数(速報値)は

70.2と、前月の65.7から上昇。ブルームバーグ・ニュースがまとめ たエコノミスト予想中央値67.5も上回った。

三菱東京UFJのグローバル為替調査部門の欧州責任者デレク・ ハルペニー氏(ロンドン在勤)はブルームバーグラジオとのインタビ ューで、「市場は明らかにドルに対して極端に弱気になっている。個 人的にはやや懐疑的だ。米国のファンダメンタルズ(経済の基礎的諸 条件)に関するニュースが引き続き改善を示すにつれ、この現象が続 くのは困難になるだろう。利回りは上昇するはずだ」と述べた。

円買い

円は対ドルで7カ月ぶりの高値まで買い進まれた。中国の生産増 加に加え、日本企業が税制改革を利用して海外資金を引き揚げるとの 思惑が背景にある。

日本政府は今年度の税制改革で、海外で得た利益を4月から実質 非課税とした。それまでは海外利益には合計40%の税金が発生してい た。

中国国家統計局が11日発表した8月の鉱工業生産は前年同月比

12.3%増加した。ブルームバーグ・ニュースが集計したエコノミスト 15人の予想中央値は11.8%増だった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE