7月米卸売在庫:前月比1.4%減、11カ月連続マイナス

米商務省が11日に発表した7 月の卸売在庫は前月比1.4%減少と、前月の2.1%減からマイナス幅 が縮小した。これで前月比マイナスは11カ月連続となり、統計が開 始された1987年以降で最長を記録した。販売増加による過剰在庫の 削減が示された。

ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノミスト予想中央値 は1.0%減だった。

7月の卸売売上高は前月比0.5%増と、3カ月連続プラスとなっ た。前月は0.3%増と速報の0.4%増から下方修正された。

対売上高在庫比率は1.23カ月と前月の1.25カ月から低下。昨 年10月以来の低水準となった。

自動車在庫は2.0%減(前月2.1%減)。同売上高は1.1%増加し た。これにより自動車セクターの対売上高在庫比率は1.74カ月(前 月1.80カ月)と、昨年6月以の低水準となった。

クリックしてご覧ください。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE