テーラー教授:米利上げ、2010年初めに必要にも-インフレ加速なら

米スタンフォード大学のジョ ン・テーラー教授は11日、米金融当局は物価上昇圧力を抑えるため に2010年初めにも利上げ開始が必要になる可能性があるとの見方を 示した。

同教授はブルームバーグテレビジョンとのインタビューで、景気 回復に伴い「インフレが加速し始めれば、当局は早ければ来年初めに も利上げをしなければならなくなるだろう」と語った。

ガイトナー米財務長官は10日、政府が金融市場支援策の一部引 き揚げに向かって動き始めていると発言した。

テーラー教授は、出口戦略を「考えるべき時期だと指摘した長官 は正しい」と述べた。さらに、「米連邦準備制度理事会(FRB)の バランスシートは急速に拡大した。縮小する方策を見いださなければ ならない」と話した。

景気対策

同教授はこの日のブルームバーグラジオとのインタビューでは、 7870億ドルの景気対策が財政赤字を増大させると指摘。「インフレ 要因となり得る」と述べた。

景気対策の効果については「まだあまり出ていない」との認識を 示し、カリフォルニア州では計画されている35億ドル規模のインフ ラ整備資金のうち今までに支払われたのは1000万ドルのみだと指摘 した。

オバマ政権が議会に提出した景気対策の効果に関する初回の四半 期報告によると、4―6月(第2四半期)の成長率は対策により2.3 ポイント押し上げられた。7―9月(第3四半期)については3ポイ ントの押し上げ効果が見込まれている。

テーラー教授は、インフレと経済成長の見通しを基に政策金利を 決定する計算式「テーラールール」の考案者。2001-05年にはブッ シュ政権下で財務次官を務めた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE