ゴンサレスパラモ理事:ECB出口戦略、「あらゆる選択肢に対応可」

欧州中央銀行(ECB)のゴンサ レスパラモ理事は11日、ECBには状況に合わせて出口戦略を調整で きる柔軟性があるとの考えを示した。

同理事はスペインのマラガで、ECBが利上げを再開する前に緊 急融資措置を解除するのかとの記者団からの質問に対し、「あらゆる 選択肢に対応可能だ」と答えた。その上で、「流動性供給の措置を引 き揚げた後での利上げ実施は考えられることで、一部の措置は自然消 滅する。代替策もまた可能であり、緊急流動性供給が行われている間 に利上げを実施するというものだ。いずれの選択肢も物価安定やぜい 弱な銀行システムに対するわれわれのリスク評価に左右される」と述 べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE