香港株(終了):続伸、中国の指標を好感-週間ベースは4.2%高

香港株式相場は続伸。中国経済の 回復加速を示唆する指標を受け、ハンセン指数は昨年8月以来の高値 で引けた。週間ベースでも4.2%高と7月以来の好パフォーマンスだ った。

中国の交通銀行(3328 HK)は1.8%高。8月の中国の新規融資が 予想に反して前月比で増加したことや、工業生産が予想以上の伸びと なったことを好感した。一方、米ウォルマートなどに商品を納める香 港の商社、リー・アンド・ファン(494 HK)は3.3%下落。前日まで の3日間で12%の上昇は行き過ぎとの見方が広がった。

LGTキャピタル・マネジメントの金融市場分析責任者、ロジャ ー・グローブリ氏は「中国の回復が確認された」とした上で、「ただ、 世界経済はまだ安心な状態ではない」と述べた。「香港など株式相場は 毎日のニュースに反応して動くだろう」と付け加えた。

ハンセン指数は前日比91.86ポイント(0.4%)高の21161.42で 終了。一時は1.1%高まで上げた。前週末比の上昇率は7月24日まで の週以来で最大だった。ハンセン中国企業株(H株)は前日比0.4% 高の12268.21。中国の温家宝首相が10日、財政支出を維持すると示 唆したことも上げ材料になった。

交通銀は9.85香港ドル。リー・アンド・ファンは29.20香港ドル。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE