東穀取:株式会社への移行を正式決定、11月2日付-臨時総会

東京穀物商品取引所は11日、 臨時総会を開催し、11月2日に予定している会員組織から株式会社 への移行などを盛り込んだ組織変更計画を正式決定した。東穀取の山 野昭二専務が同日、臨時総会後の記者会見で発表した。

社長には東穀取の渡辺好明理事長が就任する予定。取締役候補は 渡辺氏をはじめ、加藤雅一・岡藤商事会長、木村良・全国米穀販売事 業共済共同組合理事長、佐藤浩雄・伊藤忠商事執行役員、野村一正・ 農林中金総合研究所顧問、林康史・立正大学教授ら9人。

資本金は12億5000万円の見込みで、現在の会員出資金や資本 剰余金など約10億円に加え、株式会社化に伴い発行する50万株の 売却額5億円の半分を組み入れる。14日以降に増資を募り、早けれ ば10月23日にも農産物先物取引を管轄する農林水産省に認可申請 する。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE