元ソニー出井氏の投資会社、吉本興業を506億円で買収(Update1)

(買収額など詳細を追加します)

【記者:松井博司】

9月11日(ブルームバーグ):東証1部上場の芸能プロダクション 吉本興業がソニー出身の出井伸之氏が代表を務める投資会社、クオンタ ム・エンターテイメントに506億円で買収されることが決まった。

11日の発表資料によると、クオンタム・エンターテイメントは吉本 興業の全株取得を目的に株式公開買い付け(TOB)を実施する。吉本 興業もこれに賛同すると表明した。買付価格は1株当たり1350円、買収 予定額は約506億円。TOB完了後、吉本興業は上場廃止となる見通し。

この日の吉本興業の株価終値は前日比49円高の1341円。同社株は TOBの正式発表前から急反発していた。10日の相場でも同社が計画す る株式の非上場化をめぐり、ファンドが週明けにも吉本興のTOBを実 施する方針を固めたとの一部報道で大幅に上昇し、約1年3カ月ぶりの 高値となっている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE