インド:7月の鉱工業生産指数、前年同月比6.8%上昇

インド中央統計機構が11日発表 した7月の鉱工業生産指数は前年同月比6.8%上昇と、7カ月連続の 伸びとなった。政府支出の拡大と資金調達コストの低下を受け、自動 車やオートバイ、その他消費財の需要が旺盛となっている。

ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノミスト調査の予想中 央値は前年同月比7%上昇だった。6月の指数は同8.2%上昇に改定 された。

HSBCホールディングスのアジア担当シニアエコノミスト、ロ バート・プライアーワンデスフォード氏(シンガポール在勤)は「さ まざまな金融・財政政策の効果がフルに浸透する中、鉱工業生産の伸 びは高水準が続く」と予想。「輸出も世界貿易サイクルの好転に伴い回 復する可能性が高い」と語った。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 小針章子 Akiko Kobari +81-3-3201-8879 akobari@bloomberg.net    Editor: Fumihiko Kasahara 記事に関する記者への問い合わせ先: Kartik Goyal in New Delhi at +91-11-4179-2030 or kgoyal@bloomberg.net. 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Michael Dwyer at +65-6212-1130 or mdwyer5@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE