アジアに資産バブルの恐れ-コンファレンス・ボード社長

米民間調査機関コンファレンス・ ボードのゲール・フォスラー社長は11日、アジアが経済成長に対する 脅威よりも、世界規模の景気刺激が招く資産バブルから生じるもっと 大きなリスクに直面していると警告した。

フォスラー社長はシンガポールで講演し、投資家が新興市場国・ 地域で不動産などの資産購入に動いており、各国政府は自国経済に流 入する資金について警戒する必要があると述べた。

同社長は「景気刺激のための巨額の財政出動が、世界経済に現在 見られる供給反応の発生を招いている。資産の驚くべきペースでの拡 大が続いている」と指摘。「これは資産バブルが米国からアジアや新 興市場全般に波及する状況につながる。資産の蓄積と物価上昇に警戒 を怠らないことが極めて重要になるだろう」と語った。

さらに、今後の世界の経済成長率はこれまでよりもずっと低水準 にとどまると予想。アジアの景気拡大のけん引役として、中国の存在 は米国よりも大きいと付け加えた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE