米農務長官:「豚インフルエンザ」と呼ばないで-養豚業の損失増で

ビルサック米農務長官は10日、 新型インフルエンザウイルス(H1N1型)を「豚インフルエンザ」 と呼ぶのをやめるよう報道陣に呼び掛けた。この呼称が豚肉の売り上 げに打撃を与え、養豚業者の損失が拡大するためとしている。

ビルサック長官は記者団との電話会議で、正式な呼称を利用すれ ば、養豚業者の「過度で不当な被害」を食い止めることにつながると の見通しを示した。業界の広報担当者は先週、今年のインフルエンザ の流行やリセッション(景気後退)に伴う豚肉需要の減退に加え、 2008年に飼料コストが過去最高水準に達したことから、米国の養豚 業者の損失が07年9月以降でほぼ50億ドル(約4600億円)に膨 らんでいることを明らかにした。

ビルサック長官は電話会議で、養豚業者は「この困難な時期に深 刻な経済的損失を被り、インフルエンザが不適切な呼称で呼ばれるた びに、苦境から抜け出すのがより難しい状況になっている」と述べた。 農務省や世界保健機関(WHO)などの当局は、適切に処理された豚 肉は安全と指摘している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE