ダナキャランやラルフローレン、表参道で無料シャンパン-11日開催

ダナキャランやラルフローレン などの高級ファッション・ブランドが11日、東京の表参道店で無 料シャンパンを提供する。ファッション誌ボーグがロンドンのボン ドストリートなど世界13カ国のファッションの中心地で開催する イベントの一環で、戦後最悪の不況で財布のひもを引き締めた買い 物客の需要を喚起するのが狙い。

東京でのイベントには表参道地区にあるルイヴィトンやジミー チュウなど100を超える店舗が参加。ライブ演奏や食べ物、飲み物 のサービスに加え、営業時間も延長される。

高級ブランド「グッチ」のオーナーで資産家のフランソワアン リ・ピノー氏は7月に高級品需要は下げ止まったと述べているが、 中流世帯の消費者が1100ドル(約10万円)もするルイヴィトンの バッグや800ドルのトッズの靴に散財するには、1、2杯のシャン パンだけでは不十分かもしれない。市場調査会社ベインの予測では、 今年のファッション業界の売上高は10%減少する見通しで、2012 年までは本格的な回復は見込めない。

JPモルガン証券の足立正道シニアエコノミストは、「ボーナス が過去最大に減った普通のサラリーマンや主婦が高級品を買いに外 出することはないだろう」と述べ、「消費はしているが、割安な商品 を求めている」と語った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE