スタンフォード被告の管財人、請求額の大半を受け取りへ-約25億円

詐欺などの罪で起訴された米資産 家R・アレン・スタンフォード被告の事件で、裁判所が任命した管財 人ラルフ・ジャンビー氏は、支払い請求を行っていた最初の14週分の 報酬2750万ドル(約25億2000万円)の大半を受け取ることになる。

ダラス連邦地方裁判所のデービッド・ガッドビー判事が10日、支 払いを認めた。一方、会計事務所とコンサルタントへの手数料や関連 費用約200万ドルの支払いを求める請求は、少なくとも現時点では退 けられている。残る2550万ドルの請求については、「すべてがどのよ うに収拾するかを見極める」必要があるため、20%を裁判所の預かり 金とするとしている。

ジャンビー氏は半年間無給で働いており、同氏を起用した米証券 取引委員会(SEC)は、同氏のチームが2月17日から5月30日の 間に負担した手数料や経費の請求に基づき、同氏の時給を4500ドルと 計算している。

問題のある譲渡性預金(CD)計70億ドル余りを購入した投資家 らはSECとともに、ジャンビー氏がスタンフォード被告の財産を過 剰に消費している恐れがあるとして、同氏の手数料をさらに削減する ようガッドビー判事に強く求めている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE