債券相場は小幅高スタート、米債上昇で買い先行-GDPは下方修正

債券相場は小幅高(利回りは低 下)。債券先物12月物は17銭高い139円10銭で取引を開始した。前日の 米国債相場が上昇した地合いを引き継いだほか、朝方に発表された日本 の4-6月期実質GDP(国内総生産)の改定値が下方修正されたこと も買い安心感につながっている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE