SHO-BI株初値は公開比89%高、2カ月ぶりIPO-化粧雑貨

ジャスダック市場にきょう新規 株式公開(IPO)したSHO-BIの株価が、午前10時25分に 公開価格(380円)を89%上回る720円で初値を付けた。公開株数 205万株(公募100万株、売り出し80万株、オーバーアロットメン トによる追加売り出し25万株)に対し、午前終了時の売買高は191 万1200株。午前終値は762円。

IPOは、7月17日に東証マザーズ市場に上場したクックパッ ド以来、およそ2カ月ぶりとなる。この日はSHO-BIのほか、シ ーボンも新規上場。シーボン株の初値は売出価格1860円を1.6%下 回る1830円だった。

水戸証券投資情報部の岩崎利昭課長は、「シーボンとの比較で、 SHO-BIの方が最低売買金額が少なくて済むため、個人投資家の 人気が集まりやすい」と話した。両銘柄とも売買単位は100株で、 公開価格・売出価格から算出した最低売買金額は、SHO-BIの3 万8000円に対し、シーボンが18万6000円。

公募を実施せず、売り出しだけのシーボンは新規の資金調達がな く、岩崎氏は「既存株主の益出し機会とはなるが、今後の事業発展に は直接つながらない。ファンダメンタルズ面からもシーボンを敬遠し た資金が、SHO-BI株に向かった面が強い」との見方も示した。

SHO-BIは化粧雑貨や服飾・生活雑貨などを企画するほか、 同雑貨の輸入や卸売も手掛ける。自前の工場を持たず、外部メーカー に生産を委託、OEM(相手先ブランドによる生産)商品の受注販売 も展開する。自主企画商品の割合が全体の5割を超す。

今期(2009年9月期)の予想連結業績は、売上高が前期比

0.7 %増の122億円、営業利益は同17%増の7億8000万円を見込 む。1株当たりの純利益は42円20銭を想定しており、公開価格か ら算出した予想PER(株価収益率)は9倍。主幹事はみずほインベ スターズ証券が務める。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE