サントリー:欧州飲料オランジーナ買収交渉進める-アサヒは関与否定

国内ビール3位サントリーホールデ ィングスは欧州飲料企業オランジーナ買収に向けて株主のブラックスト ーン・グループ、ライオン・キャピタル・ホールディングスと交渉を進 めている。サントリーの提示額を上回る金額で買収案を提示したと報じ られたアサヒビールは、交渉自体していないことを明確に示した。

サントリーは自社サイトにオランジーナ株式取得について「交渉を している」との声明を10日付で掲載している。現時点では決定している 事実はないと記載しているが、事情に詳しい関係者は10日、買収価格は 26億ドル(約2400億円)超で、週内にも合意する可能性を示した。株 主2社もサントリーとの交渉を認めている。

英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)は11日、アサヒがサントリ ーに対抗してオランジーナに買収を提案していると伝えた。買収価格は サントリー提示のほぼ1.5倍の26億ユーロ(約3500億円)としている。 この報道についてアサヒ広報部の草田哲也氏は「交渉はしていない」と 明確に否定した。

東海東京調査センターの角山智信アナリストは、国内市場が縮小傾 向にある中、サントリーといった飲料企業について「海外に出ていくの は合理的な話」と述べた。サントリーはキリンホールディングスと経営 統合交渉を進めている。角山氏は「キリンHDはアジア・オセアニア中 心に海外展開しており、サントリーの今回の買収には違和感がある」と 語った。

--取材協力 Cristina Alesci in New York Editors: Eijiro Ueno, Fukashi Maruta

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE