【米注目株】アボット、モルガンS、ナショナル・セミコンダクター

10日の米国株市場取引終了後の 主な注目銘柄は以下の通り。株価は時間外取引のニューヨーク時間午 後5時半(日本時間11日午前6時半)時点。S&P500種先物(9月 限)はほぼ変わらずの1037.30。

アボット・ラボラトリーズ(ABT US):通常取引終値は1.1%高 の46.87ドル。医薬品開発のアボット・ラボラトリーズは、医療機器 メーカーの米イーバルブを最大4億1000万ドル(約380億円)で買収 することで合意した。

モルガン・スタンレー(MS US):通常取引終値は0.3%高の28.64 ドル。金融大手モルガン・スタンレーは、ジョン・マック会長兼最高 経営責任者(CEO)が年末にCEOを退くと発表した。会長は留任 する。新CEOにはジェームズ・ゴーマン共同社長が就く。

ナショナル・セミコンダクター(NSM US):時間外取引で1.5% 安の15.73ドル。半導体メーカーのナショナル・セミコンダクターが 発表した2009年6-8月(第1四半期)決算は、前年同期比で63% 減益となった。リセッション(景気後退)の影響で受注が低迷した。

プラム・クリーク・ティンバー(PCL US):通常取引終値は0.4% 高の29.92ドル。クレディ・スイス・グループは、林業製品会社プラ ム・クリーク・ティンバーの投資判断を「アンダーパフォーム」から 「中立」に引き上げた。株価がもはや割高でないことを理由に挙げた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE