新興市場株:上昇、バリュエーションは9年ぶり高水準-原油高で

10日の株式市場で新興市場株 が上昇し、指標であるMSCI新興市場指数のバリュエーション(株 価評価)が9年ぶり高水準となった。インドのソフトウエア銘柄が上 昇したのに加え、原油相場の上昇を背景に原油輸出国の歳入見通しが改 善したことが背景にある。

MSCI新興市場指数はニューヨーク時間午前9時46分現在、 前日比0.4%高の883.13。ブルームバーグがまとめたデータによれ ば、同指数の株価収益率(PER)は19.9倍と、2000年6月29日 以来の高水準に達した。

同指数は年初来では56%上昇。世界各国・地域の政府による景 気対策や支援融資、政策金利の引き下げで金融危機の最悪期が過ぎた との期待が高まったことが材料となっている。

HSBCホールディングスの新興市場ストラテジー部門の世界 責任者、ジョン・ロマックス氏は、「バリュエーションは極めて急速に 押し上げられた。マクロ経済の状況は全般に支援要因となってい る」と語った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE